目の健康管理にオススメのアプリ

全国的にスマホが普及したことで便利な世の中になり、スマホひとつあれば何でもできる時代になったと言っても過言ではないでしょう。

 

ただ、現代人にとってスマホは欠かせないアイテムなのですが、一方で長時間見過ぎてしまうことで目が悪くなることが懸念されています。

 

しかし最近、そうしたニーズに応えるべく、スマホを使って視力回復ができるアプリがいくつか登場しているようなので、自分に合ったアプリを見つけてみると良いですよ。

 

視力検査ができるアプリ

 

視力回復アプリには、視力検査ができる物があり、眼科やメガネ店などで視力検査を受けなくてもすぐにその場でできるようになっています。

 

目の治療をする時でないと中々眼科に行く機会はないので、アプリで視力検査ができればとても便利です。

 

最近視力が落ちてきたような感じがしていたり、日によって見え方に差があるような場合、異常をきたしている可能性があるので、スマホの視力検査アプリを使うと良いでしょう。

 

スマホで気軽に視力検査ができるアプリは、視力低下の兆候に気づきやすく、普段から自分の視力をチェックする習慣を身につけておけば、いざという時でも安心です。

 

アプリで測定した視力については、大体の数値になりますが、疲れ目などの目の状態を把握するのにも効果的で、定期的に検査すれば目の健康管理に役立ちますよ。

 

目の病気の早期発見や視力低下予防のために、スマホユーザーは視力検査アプリを積極的に活用していきましょう。

 

眼球運動を促すアプリ

 

視力回復アプリの種類には、眼球運動を積極的に促進することで視力回復効果を狙う無料アプリもあり、日常では動かすことの少ない眼球運動を容易にすることが可能です。

 

普段の生活の中では、眼球を意識的に左右上下に動かすことはほとんどないのですが、眼球運動を促すアプリを利用すれば、動きに従うだけで自然と目の筋力アップが期待できます。

 

また、自分で時間を決めるとトレーニング効果が曖昧になってしまうので、ズルができないようにアプリには音声ガイダンスが流れる仕組みになっています。

 

眼球運動で筋肉を解すよう、曲線上を動く点を目で追いかけたり、3秒間目を閉じてその後10秒間上を見るなど、様々なエクササイズが試すことができます。

 

規則的に動く玉を目で追うトレーニングに挑戦すれば、目のピント調整の精度を高められるはずです。

 

目の焦点を合わせたり、動体視力を鍛えることができ、音声に従うだけでしっかり正しく鍛えることができますよ。

 

3Dで視力を回復させるアプリ

 

スマホを見て視力回復を図るアプリには、3Dで視力を回復させるアプリもあり、画面を眺めるだけではなく、意識的に目を動かすようになっているので期待できる効果は高いです。

 

視力回復アプリの種類で人気があるのは、立体視画像による3Dで視力を回復させるアプリで、最初は砂嵐や波のような画像を見つめることでピントの調整を図ります。

 

3Dによる視力回復アプリは、絵の中に隠れている物を発見することで視神経が鍛えられるようになっていて、何が隠れているかを認識することで眼力を鍛えることが可能です。

 

画像の中に特定のものが見られるよう工夫されていて、視点を変えることで平面画が立体画に見えるステレオグラムを応用しています。

 

眼の筋肉が衰えたことで悪くなった視力に対して効果的で、筋肉をしっかり鍛えることができるので視力を効率よく回復させることができるのです。

 

ステレオグラムを用いた3Dアプリは、近視や遠視、乱視や老眼などあらゆる種類に対応可能です。

 

まとめ

 

視力回復アプリには様々な種類があり、まず視力検査ができるアプリがあって、簡単に自分で視力検査ができるので、日頃の目の健康管理にオススメです。

 

普段から視力を自分で把握しておけば、目の病気の早期発見や視力低下予防に役立つでしょう。

 

アプリには眼球運動ができるアプリもあり、眼球を積極的に動かすことでピントの精度や動体視力を高めることが可能です。

 

また、見るだけで視力回復が期待できる3Dアプリもあり、平面画が立体画に見えるステレオグラムを応用することで、ピントの調整を図ることができますよ。

 

合わせて読みたい記事

スマホで視力回復トレーニング
暗い部屋は視力低下の原因になる!?