眼精疲労や目の酷使の原因とされるブルーライト

最近は各家庭にパソコンが1台ある時代に突入していて、会社のデスクワークではパソコンを使用するのが当たり前になりました。

 

そうした中、問題になっているのがパソコンのディスプレイから出ているブルーライトで、目に悪影響を及ぼすと言われています。

 

ブルーライトは眼精疲労や近視の原因になるので、何とか阻止しないといけないのですが、便利なアイテムにブルーライトカット効果のあるメガネやフィルムがあります。

 

ブルーライトは疲れ目から視力低下を招く

 

ブルーライトとは、パソコンなどのデジタル機器のディスプレイから放射される可視光線のことで、波長が短くてエネルギーが強いので目に悪い影響を与える恐れがあります。

 

眼球奥にある網膜まで届く光線なので、浴び続けていると目に大きな負担をかけることになりかねません。

 

強力な可視光線なので、疲れ目を誘発しやすく、放置すると視力低下に結びつきます。

 

日々の生活に欠かせないのがパソコンや液晶テレビ、スマホですが、これらのディスプレイからはブルーライトが発せられているので、何らかの対策を講じるのが必須です。

 

そこで便利なのが、比較的簡単に対策できるブルーライト対策用のパソコンメガネで、ブルーライトをカットする効果が期待できます。

 

目に届く量を半減させることができるので、モニターの光を軽減しながら、目の疲れやピントのズレの改善が可能です。

 

ブルーライトをカットして日常的な予防を心がける

 

パソコンやスマホなどの画面から出ているブルーライトが、目の水晶体や角膜、網膜に悪影響を与えることは、既に科学的に実証されています。

 

そのため、対策が必須なのですが、オススメはブルーライトを効率よくカットしてくれるメガネやフィルムです。

 

こうしたアイテムを活用しながら、日常的な予防を心がけることは非常に有益で、ブルーライトの影響を軽減することができます。

 

ブルーライトをカットできるよう特殊な構造になっているので、視力低下対策としてはもちろん、老眼の予防対策にもなります。

 

パソコンだけでなく、液晶テレビから発せられているブルーライト量は、ブラウン管時代の3倍にも相当すると言われています。

 

それゆえ、ブルーライト対策として、ブルーライトカットフィルムを貼ることも大事です。

 

生活の質をできるだけ低下させないために、ディスプレイから発せられているブルーライトを阻止していきましょう。

 

目の疲労感を解消するので疲れが残らなくなる

 

近年、パソコンやスマホ、テレビやLED電球の灯りなどの普及により、現代人はブルーライトに囲まれた生活になっていることを認識する必要があります。

 

健康に悪影響を及ぼすブルーライトをカットするには、メガネをかけるのが手っ取り早く、手軽に対策が可能です。

 

パソコン専用メガネには、色付きレンズと透明レンズの2種類がありますが、カット率は色付きレンズの方が高いです。

 

ブルーライト用のメガネを装着すると、かけていない時の差が明らかで、しばらくかけた後、裸眼で液晶モニターを見るとギラギラしているのが確認できます。

 

ギラギラしているモニター画面を見続けると非常に目が疲れるので、特に仕事場での長時間のパソコン作業では、ブルーライト用のメガネを装着すべきです。

 

使ってみるとすぐにわかるのですが、疲労感がまったく違い、視界に入る光が柔らかくなるのを実感できるので、目の疲れが残らなくなります。

 

まとめ

 

パソコンやスマホ、テレビなどのデジタル機器の画面からは、波長が短くてエネルギーが強いブルーライトという可視光線が出ているので気をつけないといけません。

 

対策としてオススメなのが、ブルーライトカット効果のあるメガネやフィルムで、装着したり貼り付けたりして日常的な予防を心がけることで視力回復効果を得ることが可能です。

 

目へのブルーライト量を半減できるのでモニターのギラツキが軽減し、疲労感が減少して目の疲れが残らなくなるので、ピントのズレを改善することができます。

 

ただし、過剰な期待はNG!!

 

私はブルーライトカットのメガネをしていますが、目の疲れは常に感じます。

 

ブルーライトカットのメガネをつける前と、つけた後を考えても、「変わった!」「楽になった」というような効果を感じたことはありません。

 

また、ブルーライトは最近言われ始めたことなので、数年後にはまたコロッと変わっているかもしれません。

 

そのため、あくまでも目の予防をできるアイテムの1つとして利用されるのが、ストレスもなく使えるのではないかと思います。