問題視される子供の視力低下の原因と対策

近年、子供の視力低下が指摘されることが多く、実際、若年層の近視人口は年々増えている状態です。

 

パソコンやスマホなどが普及し始めたことで、近視人口の低年齢化に拍車をかけていると言われています。

 

液晶画面を眺める時間が増えたことで近視人口の増加現象が起こっているわけですが、何とか歯止めをかけないといけません。

 

子供の視力が下がってきた場合、メガネをかけさせるのではなく、視力を回復させる方法はあるのでしょうか。

 

近くのものを凝視し続ける悪しき習慣

 

子供の視力低下の原因で最も考えられるのは、近くのものを凝視し続けることで、テレビやパソコン、スマホ、ゲームなど、凝視し続ける生活習慣をしていることが多いです。

 

こうした悪しき習慣が仮性近視の原因になっていて、近くの物を凝視していると毛様体が緊張して動かなくなり固くなってしまいます。

 

長時間、近くの物ばかり見ていると毛様体の動きが少なくなり、機能的に低下してしまうのです。

 

近くで長時間物を見続ける行為は、近視を悪化させることになるので、近くで同じ物を見続けるのを止める必要があります。

 

親が近視の場合、子供が近視になる可能性は高いので、遺伝も近視の原因の1つなのですが、実際の率は5%程度なので確率的には少ないです。

 

それよりもやはり環境的な要因が強く、近くの画面を凝視する作業を長時間続けることで近視にやりやすいので、そうした悪しき習慣は断つようにしましょう。

 

遠くを見る癖をつける

 

近視の原因は遺伝やストレスも考えられるのですが、テレビやパソコンなどの生活習慣の方が大きく、近くの物を凝視するのを長く続けることが目に悪い影響を与えています。

 

日頃の生活態度が視力の低下や目の疲れを招いているので、対策としては、テレビやスマホなどを長時間見続けないようにすることが重要です。

 

室内にこもってゲームをするのではなく、外で遊ぶようにし、近くで物を見続けないように配慮しながら、遠くを見る癖をつけることが大事です。

 

最近の生活は、何かにつけ近くを見ることが多くなっていて、遠くを見る機会が少なくなっているので、できるだけ遠くを見る習慣を身につけるようにしましょう。

 

近くを見続けると、毛様体が緊張して負担をかけることになるので、時々は遠くを見るようにして緊張を解き、ピント調節機能を回復させることが大切なのです。

 

遠くを見ると目が休まるので、近くで長時間見た後は必ず、遠くを見るようにすることですね。

 

屋外に出て眼球を動かすようにする

 

具体的に子供の視力を回復させるには、眼球運動をすると良く、凝り固まった目の筋肉をほぐすことができます。

 

眼球を動かすと遠近調節がスムーズに行くようになるので、視力回復に繋がりやすく、仮性近視の段階であれば、回復の見込みは高いです。

 

近視の原因が環境だとすると、環境を改善してやる必要があるので、テレビやゲーム、携帯電話などの映像を見る時は姿勢を正して長時間見ないようにすることですね。

 

そしてその上で、目に負担をかけないような生活態度が望まれるのですが、目が疲れた時は遠くを見て目を休めると共に体をしっかり動かすようにします。

 

子供にとって屋外で体を動かすことは大切なことで、たとえば、野球やサッカーなどのスポーツをすると動体視力が発達するので目のトレーニングになりますよ。

 

子供の視力が低下したからと言って、すぐにメガネやコンタクトをつけるのは早計です。

 

散歩でもスポーツでも良いので、外に出て遠くを見て眼球を動かす機会を増やしていきましょう。

 

まとめ

 

子供の視力低下の主な原因は、環境によるところが大きく、テレビやパソコンなどで近くのものをじっと見るという生活習慣が大きいです。

 

長時間、近くを凝視することが視力を低下させる大きな要因になっているので、回復の方法としては遠くを見る癖をつけることが大切です。

 

眼球を動かすと遠近調節がスムーズに行きやすくなるので、室内にこもるのではなく屋外に出てスポーツをする習慣を身につけ、積極的に眼球を動かすようにしていきましょう。