年齢による視力低下や老眼などの症状について

視力低下は加齢によっても起こり、代表的なのが老眼で、遠くの物は見えるけど近くの物が見えなくなります。

 

近視の場合は近くのものが見えにくい症状なのですが、老眼はその反対で中高年になると多くの人が悩まされる症状です。

 

老眼になるのは40歳を過ぎたくらいから始まる人が多いのですが、早い人で30代、遅くて50代からとバラツキはあります。

 

また加齢による視力低下は老眼だけでなく、他の疾病にかかるリスクも増えてきているようです。

 

加齢で目の調節機能が低下する老眼

 

老眼になるのは加齢によって目の調節機能が低下するからで、これは明らかに老化によるもので大体40代以降から始まって近くの物が見づらくなります。

 

若い頃は手元の文字を容易に読むことできますが、加齢により次第に手元の文字がぼやけてくるようになり、その症状は60歳くらいまで進行します。

 

遠視気味の人は老眼の症状が早く現れ、近視の人は遅く現れる傾向にありますが、誰もが目の中では着実に老化は始まっているので注意が必要です。

 

遠いところから近いところを見た時にぼやけ始めた時は老眼になったサインで、最初は暗いところでのみなるのですが、次第に明るい場所でも近くがぼやけてきます。

 

老眼が酷くなると、近くの物や字が見え辛くなるだけでなく、肩こりや頭痛、吐き気などの症状が出ることがあります。

 

近視や遠視、乱視とは違い、老眼の場合、近くを見ようとした際、老化現象によって水晶体の調節が上手くいかず、ピントが合わなくなるのです。

 

加齢で水晶体が白濁する白内障

 

加齢による視力低下は老眼だけでなく、白内障もあり、水晶体が加齢によって弾力が失われると共に、白濁してくる症状を指します。

 

白内障は水晶体の端の部分から徐々に白濁し始めるのですが、進行すると瞳孔まで広がり、そうなると視界がかすんだり、光をまぶしく感じるようになります。

 

視力が急に低下するのも白内障の独特の症状で、早い人なら40歳以降から症状が現れ始め、80歳になるとほぼ全ての人が白内障になるようです。

 

また、アトピー性皮膚炎や糖尿病から白内障になることもあるので、まだ若いからと言って油断は禁物です。

 

最近は白内障の治療も進歩していて、手術によって回復の兆しが見えてきており、日帰り手術ができるまでになりました。

 

白濁した水晶体をレンズに取り替えたり、初期段階なら、点眼液で進行を遅らせることも可能です。

 

技術の進化により近年、白内障で失明する人は少なくなりましたが、治療は必ず必要なので、少しでも違和感があれば、すぐに眼科医を受診しましょう。

 

緑内障や加齢黄斑変性にも注意が必要

 

老眼と白内障以外では、緑内障も加齢による視力低下で現れやすい症状で、40歳以上の20人に1人がなると言われています。

 

緑内障が怖いのは自覚症状がないところで、気がついた時には症状が既に進行していて失明することもあります。

 

眼の視神経に障害をきたし、視野異常で見える範囲が狭まるのが緑内障なので、きちんと治療しないと失明に至ってしまう恐ろしい病なのです。

 

最近は専用の点眼薬が開発されたので、失明のリスクは少なくなりましたが、自覚症状がないまま進行するので、40歳を過ぎたら眼科で検診を受けておいたほうがいいでしょう。

 

加齢で視力に弊害を及ぼす症状には加齢黄斑変性もあり、黄斑部の障害によるもので、視野の中心部が見辛くなるので日常生活に支障をきたします。

 

喫煙や高血圧症、高脂血症、動脈硬化などの生活習慣病との関連が指摘されているので、対策としては生活習慣を改善するのが急務です。

 

まとめ

 

視力低下が加齢によって起こるのは、まさしく目の機能が衰えるからですが、代表的なのは目の調節機能が低下する老眼で、近くの物が見え辛くなります。

 

他にも水晶体が白濁する白内障という病があり、加齢によって水晶体が白濁してきて、進行すると視界がかすんできて、失明するリスクがあります。

 

加齢による目の病気は他にも色々あり、視神経障害による視野異常で見える範囲が狭まる緑内障や、黄斑部の障害から視野の中心部が見辛くなる加齢黄斑変性には注意が必要です。