暗い部屋は視力低下の原因になる!?

視力低下の原因には、明るさも関係していて、暗い部屋で長い時間、読書やテレビを見続けていると視力を悪くすることになります。

 

今現在では、部屋が暗いことで視力を悪くする根拠はないとするのが一般的な見解ですが、やはり暗い部屋で目を酷使すると負担がかかるのは目に見えています。

 

基本的に暗い部屋で目を使う場合、ある程度の明るさが必要と言われていますが、視力を守るための適切な部屋の明るさとはどのようなものなのでしょう。

 

暗い部屋は視力低下の原因になる

 

視力が悪くなるのは色々な原因が考えられ、近くにあるものを長時間見続けることだけではありません。

 

実は部屋の明るさが関係していて、部屋の暗さが直接の原因ではないのですが、暗い部屋でテレビを見たりゲームをやり続けると、目が疲れて視力低下につながります。

 

また暗い部屋で本を読もうとすると、細かい部分が見えにくいので本を目に近付けるのを余儀なくされ、凝視する機会が増えるので、こうした行動も視力低下に関係してきます。

 

何か物を暗い部屋で見ようとすると、瞳孔の開きにも影響し、瞳孔は広くことで光を多く集める仕組みになっているのです。

 

そのため、暗い部屋に入ると瞳孔は自然と拡大するのですが、パソコンやテレビからは光が出ているので、瞳孔は閉じたり開いたりを繰り返すことになります。

 

瞳孔の開閉は目を酷使することに繋がるので、やはり暗い部屋は目によくないのです。

 

部屋を明るくすると暗さの中での目の負担を解消できるので、視力の保護に繋がりますよ。

 

300ルクスから500ルクスが理想

 

部屋が暗いだけで視力の低下はありませんが、そこでテレビを見たり、読書をすると目を酷使するので、低下を招くことになります。

 

部屋を適度に明るくすれば目への負担は軽減できるのですが、視力低下予防の観点からは、適切な部屋の明るさについてしっかりと検討することが大事です。

 

適切な明るさの照度は、あらかじめ法律の照度設定で定められていて、普通の作業では150ルクス以上、精密な作業では300ルクス以上と作業場所の最低照度を定めています。

 

しかしこれらはあくまで最低の基準なので、実際には明るさの照度としては300ルクスから500ルクスが望ましいと言われています。

 

一般的に視力を守るためには300ルクス以上の明るさが必要なので、机の上に置く照明については、15ワットから20ワットの蛍光灯を配置するとよいでしょう。

 

蛍光灯は昼光色で明るさをしっかり提供してくれるものでないと目に負担がかかるので、照明器具を選ぶ時は注意が必要ですよ。

 

照明の明るさと種類には十分配慮する

 

暗い部屋の中でパソコンやテレビゲームを続けていると、近視への道をまっしぐらに走ることになるので、部屋の明るさはきちんと管理することが大事です。

 

基本的に照度は300ルクスから500ルクスが良いと言われているので、机の上で作業する場合、電気スタンドのような照明を追加してやることが望ましいです。

 

その際、目安になる明るさは、白熱電球なら40ワットから60ワット、蛍光灯なら15ワットから20ワットくらいなのですが、光は直接目に入らないよう手元に当たるようにします。

 

蛍光灯は消費電力が少ないので経済的なのですが、ちらつきが見られるので、疲れ目を避けるため、まめな交換が必要です。

 

また、白熱灯はちらつきが少ないのですが、蛍光灯よりも寿命が短く、消費電力が大きいデメリットがあります。

 

オススメは最近人気のバイオライトで、価格は高いですが、ちらつきがないので目に優しく、白熱灯のように熱の放出もないので消費電力も少ないです。

 

まとめ

 

視力低下は、暗い部屋にいるだけではなりませんが、テレビを見たり本を読んだりゲームをやり続けていると目に負担がかかり、やがて視力が悪くなるので注意しないといけません。

 

暗い部屋は目によくないので、何か作業をする時は部屋を明るくする必要があり、その際、300ルクスから500ルクスを目安にして照度を保つと視力の保護に繋がります。

 

部屋の照明器具の代表的な物と言えば白熱灯と蛍光灯がありますが、それぞれに欠点があるので、それをカバーできるバイオライトがオススメです。