視力回復のためのレーシック手術ってどうなのか?

視力回復のための最も効果的な方法と言われているものにレーシック手術があり、最近は一般にも浸透してきて、現在では視力回復手術として受ける人が増えてきました。

 

レーシック手術は、目の角膜にレーザーを照射し、視力を矯正させることが可能なので人気ですが、実際のところ効果のほどはどうなのでしょう。

 

また、手術するに当たってはリスクも気になるところで、万が一失敗すると大変なことになりますよね。

 

煩わしいメガネやコンタクトから解放される

 

レーシック手術については、非常に効果が高く、手術を何回も受けることなく1回の手術で視力を回復させることが可能です。

 

手術後は翌日からメガネやコンタクト無しで見えるようになるので、快適に生活を送れるようになり、メガネやコンタクトの毎日の着け外しがなくなるので爽快です。

 

今までメガネやコンタクトを使ってきた人にとっては、想像以上の解放感があり、煩わしかった作業がなくなります。

 

そして最大のメリットは、メガネやコンタクトレンズで矯正しなくても裸眼で普通に過ごせることで、容姿の見た目が大きく変わるのでファッションも楽しくなることでしょう。

 

また、レーシック手術なら、ドライアイやアレルギー性結膜炎などでコンタクトを付けられなかった人にも有効で、左右の視力の差が激しくメガネで矯正できない人にも効果的です。

 

近視が強くて美容的にメガネを掛けるのを躊躇していた人などは、レーシック手術を試してみる価値は高いですよ。

 

合併症や再近視化、ドライアイなどのリスクがある

 

様々なメリットがあるレーシック手術ですが、成功率は100%とは言えず、視力がたまに戻る人もいるようです。

 

ただ、手術が失敗して失明する危険性は極めて低く、これまで国内外含めて、レーシックの失敗による失明の報告はされていません。

 

そのため、レーシックでの失明の危険はゼロと言ってもいいのですが、手術後に合併症や再近視化する恐れがあります。

 

年齢が進むにつれて生じる老眼との問題もあり、レーシック手術は遠視や近視、乱視の人は可能なのですが、老眼は矯正することが困難です。

 

また、フラップを作る際、角膜の知覚神経を切断するので、ドライアイになる可能性があり、しばらくすると回復はするのですが、長引く人もいます。

 

夜間に視力が低下することも懸念されていて、遠くの視力を良くすることだけを目標に矯正した場合、過矯正の合併症を併発するリスクがあります。

 

手術前には設定視力についてよく医師と相談しないと、トラブルの元になりかねませんよ。

 

レーシック手術は誰でも受けられるわけではない

 

視力回復のためにレーシック手術を受ける場合、安全性が気になるところですが、あくまで角膜の表面を形成する手術で、網膜や視神経など大事な部位には触れないので安全です。

 

表面の角膜上皮は硬くて再生力に富んでいるので、手術痕が残ることはなく、重大な視力障害を及ぼす危険はありません。

 

従って、レーシック手術に関しては比較的安全な治療であると認識して良いでしょう。

 

また、手術の際は点眼麻酔を施すので痛みを感じることなく受けることが可能で、短時間で終了します。

 

両目合わせても手術時間は30分程度なので、心配している間もなくあっという間に終わりますよ。

 

ですが、レーシック手術は誰でも受けられるわけではなく、手術を受ける前には適応検査があり、角膜が薄い人や白内障等の目の病気に罹患している人は手術ができません。

 

また、18歳未満の人は目がまだ成長段階なので適応されず、40歳以上の人は調節力低下によりレーシックで矯正することはできないので注意しましょう。

 

まとめ

 

視力回復のためのレーシック手術は人気で、手術後は翌日からメガネやコンタクト無しで見えるようになるのでこれまでの装着による煩わしさから解放されますよ。

 

点眼麻酔を施すので痛みもなく受けることができ、両目合わせても手術時間は30分程度なので短時間で完了します。

 

ただし、角膜が薄い人や目の病気がある人は手術ができません。

 

また、手術の安全性は高く失明の危険はほぼないのですが、合併症やドライアイなどのリスクはあるので注意は必要です。