怖い!目のマッサージは正しくしないと怪我に繋がる!

視力回復のためには、色々な方法がありますが、中でも効果的と言われているのがストレッチやマッサージで改善する方法です。

 

ただ、視力回復や視力低下の予防には、様々な方法が色々と提示されてはいますが、本当に効果があるのかどうかよくわかりませんよね。

 

有効的に効果が期待できる効果的なマッサージやストレッチ法とは果たしてどのようなものなのか、またどうすれば効率良く視力機能を回復させることができるのでしょう。

 

マッサージは正しくマスターして実践する

 

目のマッサージによる視力回復法は多種多様なので、正しく理解することが大切です。

 

マッサージの方法には、リンパや血液の流れ、神経系を改善する西洋医学的な物と、気のめぐりや血脈、ツボを重視した東洋的なマッサージがあります。

 

どちらの方法もマッサージすることで視力回復効果は期待できるのですが、やり方が重要で、眼球を圧迫しないよう、目に負担をかけないようにしないといけません。

 

目はデリケートな部位なので、下手な知識で実践すると、怪我や失明につながりかねないです。

 

正しい方法でやって初めて効果が得られるので、あいまいな知識で実践するのは避けることですね。

 

視力回復を目のマッサージで改善する場合、方法によっては効果のあるなしが別れ、視力低下の原因や体質、年齢などでも大きく変わってきます。

 

どれが良いとは一概には言えませせんが、間違った方法だけはしないようにする必要があるので、動画教材を見ながら、まずは正しいマッサージ法を実践することが大事です。

 

ストレッチには目の筋肉を解す力がある

 

現代の生活スタイルは、パソコンやスマホなどを凝視することが多いので、目を酷使しやすいです。

 

目の筋肉が緊張すると近視になりやすいので、ストレッチで目をリフレッシュさせてやる必要があります。

 

長い間、体を動かさないと体が辛くなるのと同様、目の筋肉もスマホの画面をずっと凝視していると緊張しっぱなしで疲れてしまいます。

 

目のストレッチは視力回復に効果的で、目の筋肉を運動させることで凝り固まった筋肉を解すことが可能です。

 

固まった目の筋肉の凝りを解せば、ピント調節の能力を回復させることができるので、視力回復効果が得られるわけです。

 

同時に目の疲労や違和感も取り除くことができるので、視力回復のためにストレッチをするのはオススメできます。

 

ただ、ストレッチは継続することが大事で即効性は期待できないので、頑張りすぎないようにして地道に続けて取り組んでいくことが大切ですよ。

 

ストレッチやマッサージで効果のある方法

 

ストレッチでオススメなのは、まず目をぎゅっとつぶり、その状態で顎を引き、顔を動かさないようにして目だけを上下左右に動かしていく方法です。

 

上下左右に目を動かしていく際、その都度、目をしっかりつぶるのがコツで、目は10秒間、凝視するようにします。

 

このストレッチをすると期待できる効果は高く、5分程度のトレーニングで抜群の効果を発揮してくれますよ。

 

指の先端を目で追うストレッチもオススメで、顔の前で8の横になった無限大のマークを人差し指で示すようにしながら、顔は固定して目だけで追っていきます。

 

目の外側にある外眼筋を鍛えられるので、目の動きが良くなってピント調節機能を高めることが可能です。

 

マッサージする時は、目の周りの血行をよくするために、目に蒸しタオルを当てると良く、目の周囲の筋肉が刺激されるので血行促進により、マッサージ効果が高まります。

 

その後、こめかみを3秒程度圧迫して離す目のツボを刺激するマッサージをすると、目の疲れが解消されますよ。

 

まとめ

 

マッサージによる視力回復法は、効果的なのですが、正しく実践しないと怪我や失明につながりかねないので注意が必要です。

 

動画教材を見ながら正しく実践するようにし、マッサージする時は、事前に目に蒸しタオルを当てて血行を促進してやると良いです。

 

そして目のツボを刺激するマッサージを施してやると、目の疲れを解消できるので実践してみましょう。

 

ストレッチには目の筋肉を解す力があり、眼球を上下左右に動かしたり、8の字型に動かすことで視力回復を図ることができますよ。