視力が低下してしまう原因とは!?

日本人には近視が非常に多いと言われていて、近視大国とも呼ばれているほどで、確かにまだ小さい子供なのに分厚いレンズのメガネをかけている子をよく見かけます。

 

最近は特に近視の若年化が進んでいるようで、大きな社会問題にもなっています。

 

昔と比べて視力が悪い子供は多く、それにはきっと原因があるはずなのですが、実際のところ視力が落ちてしまう原因はどこにあるのでしょう。

 

目の酷使が大きな原因

 

近視の原因で最も顕著なのが目の酷使で、長時間同じ場所を見ていると視力を低下させることになります。

 

最近はパソコンやスマホ、そしてゲームなどの普及で、昔と違って現代人は近くを見る機会が非常に多くなりました。

 

長時間同じ場所を見続けていると上手くピントを合わせるのが難しくなり、そうした状態は目の筋肉の緊張を強いることになり、眼精疲労に繋がります。

 

目の使い過ぎは避けるべきで、長時間近くの1点だけを見つめていると、目のレンズを調節する筋肉が凝り固まってしまい、やがて調節できなくなりますよ。

 

何かを凝視していると目の周りの筋肉が硬直し、筋肉が弱くなるので、テレビや本を長時間見続けることは避けないといけません。

 

大事なのは適度に休憩を挟むことであり、部屋を見渡す程度の距離でも十分効果はあるので遠くを眺めて目を休めてあげるようにしましょう。

 

目を使う作業をしている時は、酷使しないよう、近くから目を離すという習慣が大切ですよ。

 

姿勢の悪さが視力低下を招く

 

姿勢の悪さが視力低下に結びつくのは意外かもしれませんが、姿勢が悪いと視力低下を招きやすくなるので、日頃から注意しないといけません。

 

実は視力が低下することと姿勢の悪さは大いに関係していて、普段、猫背になっていたり、寝転がって見る習慣のある人は、物を見る際、距離が近くなりすぎます。

 

子供が机で勉強している時は特に注意が必要で、成長するにつれて机や椅子の高さを合わせてやらないと姿勢がどんどん悪くなってしまいます。

 

机に顔を近づけた姿勢で勉強していると、首に負荷がかかって猫背の姿勢が定着し、毛様体筋のバランスが崩れ、近視を加速させることになるのです。

 

子供のうちから姿勢が悪い状態が当たり前になると近視になりやすいので、周りの大人は常に姿勢を正してあげる配慮が必要ですよ。

 

目のピント調節が上手くできるように、常日頃から姿勢を正す習慣を身につけて、近視にならないよう注意していきましょう。

 

メガネやコンタクトレンズが合ってない

 

視力低下を招くのは、日頃の生活習慣が関与していることが多いのですが、メガネやコンタクトが合ってない場合でも起こり得るので注意が必要です。

 

普段から度数の合っていないメガネやコンタクトレンズをしていると、知らないうちに目には大きなストレスがかかってしまいます。

 

度が合っていないと目が疲れて眼精疲労になりやすく、そこから頭痛や肩こりを引き起こす可能性もあり、合わないメガネを掛けていると姿勢が悪くなる原因にもなりますよ。

 

メガネやコンタクトレンズが合ってないと、こうした悪循環を生むことになるので、必ず自分の目に合った度数の物を使うことですね。

 

度数は自身にピッタリ合っている必要があり、強すぎても弱すぎても目に悪影響を及ぼすこともあります。

 

定期的に眼科に行ってチェックしてもらいましょう。

 

視力が悪くて普段、メガネやコンタクトレンズをよく使用している人は、問題がなくても定期検診を受ける習慣が大事ですよ。

 

まとめ

 

視力が低下してしまう原因にはさまざまな理由がありますが、一番の大きな原因は目の酷使です。

 

日頃から長時間、目を酷使する習慣のある人は、目の筋肉を硬化させ、ピント調節が上手くいかなくなるので、視力低下を招くことになりますよ。

 

姿勢が悪いのも原因の1つで、猫背の姿勢が定着すると近視を加速させることになります。

 

また、メガネやコンタクトレンズが合ってないのも視力低下の一因であり、度数が合っていないと目に大きな負担がかかるので注意が必要です。

 

度数は強すぎても弱すぎてもダメなので、過矯正になっていないか、眼科で必ず定期的に検診を受けるようにしましょう。

 

合わせて読みたい記事

スマホやパソコンによる目の酷使
暗い部屋は視力低下の原因になる!?