ストレスから視力が悪くなることも!?

視力低下の原因は複雑で、ストレスから視力が悪くなることがあります。

 

最近は特にストレスが原因で視力が低下する子供が増えていて、ストレス社会は大人だけでなく、子供の世界にも蔓延しています。

 

我慢強い性格で自分の意見が言えない子供はストレスが溜まりやすいので、親は注意してあげないといけませんよ。

 

ストレスで視力低下が引き起こされた場合、どのように対策していけばよいのでしょう。

 

優しく接して子供の悩みを聞く

 

ストレスが原因の視力低下は、心因性による視力障害と呼ばれていて、近年、低年齢化により、子供の間で視力低下が多発しています。

 

特にその傾向は女の子に色濃く出ていて、心因性視力障害は、おとなしくて自分の意見をあまり言えない性格の子供がなりやすいようです。

 

ストレスからくる視力低下の場合、親が気を付けないといけないのは、子供が嘘をついているのではと勘違いすることで、そうすると益々ストレスで視力が低下してしまいます。

 

まずは親が子供を信じてあげることが大事で、子供のストレスがさらに増えないよう、心因性の視力低下には慎重に対処していく必要があります。

 

現代の子供は、親子関係だけでなく、友達や学校の先生関係においてもストレスを受けやすい状況にあるので、親は優しく接してあげることが大事です。

 

悩みを聞いてあげるだけでも対策になるので、子供が黙ってストレスを抱え込まないように、優しく温かく親身になって悩みを聞いてあげましょう。

 

ストレスを取り除くことが大事

 

子供の視力低下の原因がストレスの場合、その原因は思いがけないこともあるので、親はしっかりと子供の話を聞きながら対処する必要があります。

 

心因性の視力低下の対策で大事なのは、ストレスになっている原因を取り除くことで、それがどんな内容であっても細かくフォローしてあげることが肝要です。

 

脳がまだ発達していない小学校低学年の場合、ちょっとした環境の変化などでもそれがストレスになり、そこから視力低下を起こすことが十分にあります。

 

心因的なストレスの原因を除去すれば、視力低下は治まるので、家族は子供にこれ以上ストレスがかからないよう、温かく見守りながらストレス除去に尽力してあげることです。

 

日常生活に極端な不便をもたらすケースは少なく、症状がほとんど出ないこともあるので放置しがちですが、心因性聴力障害を併発することもあるので注意しましょう。

 

原因が学校によるストレスの場合、担任の先生と密に連絡を取り合って、改善を図ることが大切ですよ。

 

親子のスキンシップを大事にする

 

心因性のストレスからくる視力障害は、メガネでは矯正できないので不安になりますが、多くの場合は回復するのでそれほど心配する必要はありません。

 

回復する可能性は十分にある病気なので、周りは焦らずに、明るい雰囲気を常に忘れずに接する態度が重要です。

 

対策に当たっては心へのアプローチが何より大切で、子供の場合、保護者も一緒に治療を受けるよう配慮し、まずは新たな環境を再構築することが重要ですよ。

 

何より大事なのは親子のスキンシップを図ることで、その効果は計り知れず、安心感から、ストレス耐性に作用するオキシトシンという分泌物が脳から排出されるようになります。

 

1日5分でも良いので子供とのスキンシップを心掛けると良く、かまってあげることでストレスが解消されることがあります。

 

大人がストレスで視力低下を引き起こした場合、環境調整は難しいので、今あるストレスとしっかり向き合えるように治療していくことですね。

 

まとめ

 

ストレスによる視力低下は最近、低年齢化の傾向にあり、特に我慢強い性格で自分の意見が言えない女子に多発しています。

 

対策のポイントとしては、子供が嘘をついているのではないかと疑心暗鬼になるのではなく、信頼しながら優しく接して悩みを聞いてあげることです。

 

ストレスを取り除くことが何より大事なので、どんな悩み事であっても温かく見守りながらフォローしてストレスを除去してあげましょう。

 

また、子供とスキンシップを取ることも大事で、脳内からストレス耐性作用のあるオキシトシンが分泌されやすくなりますよ。