スマホやパソコンによる目の酷使

最近は、パソコンやスマホが急速に普及したことから、酷使することで視力低下を招いている人が沢山います。

 

一家に一台、パソコンやスマホがあるのが当たり前の時代になったことで、便利な世の中にはなったのは確かなのですが、一方で現代人の視力低下は深刻な事態を及ぼしています。

 

パソコンやスマホを酷使している人がとるべき、ふさわしい視力回復の方法はあるのでしょうか。

 

目をしっかり休めることが大切

 

パソコンやスマホの酷使で視力低下を招いているなら、まずやるべきことは目をしっかり休めて疲れを癒してあげることです。

 

日頃、パソコンやスマホをよく使っている人は、目に対して大きな負担がかかっているので、取るべき最初の対策としては、目を休めることが重要になります。

 

仕事などでパソコンをよく使う機会が多い場合、目の疲れを感じる前に休憩を入れると良く、目をしっかり休めることは視力回復につながるのです。

 

できれば1時間に1回は目を休めるために遠くの景色を眺めるようにし、その際、目の周りの筋肉をマッサージして柔軟にしてやるとより効果的ですよ。

 

通勤時間によくスマホを見ているなら、できるだけ控えるように心がけ、集中しやすいゲームなどは1日のうちで必ずする時間を決めておくことですね。

 

とにかく、パソコンやスマホを酷使しないような環境を自分で作っていくことが大切です。

 

目の血行を良くして毛様体筋を鍛える

 

いつもパソコンやスマホを酷使していると、近くばかりを見ることになるので、そうした習慣は目に筋肉疲労を及ぼすことになります。

 

日頃、近くばかりを長時間見続けていると、毛様体筋は緊張状態が続き、疲労困憊となって目にダメージを与えます。

 

毛様体筋は疲労によってピント調節がうまくいかなくなるので、鍛えてやることも大事です。

 

パソコンやスマホで長時間近くを見て目を酷使した時は、目を閉じた上に蒸しタオルなどの温かい物を載せると良く、目の血行を良くすることができます。

 

それから遠くを見つめる訓練をして、毛様体筋を弛緩状態に持っていくと効果的で、目の筋肉を鍛えるようにすれば毛様体筋を鍛えられるので視力回復に結びつきますよ。

 

また、眼球だけを上下左右に動かすトレーニングも有効で、その時に遠近法を利用して目の前に指を立てながら、前後に指先を動かして見つめると良いでしょう。

 

パソコン用メガネやスマホアプリを利用する

 

パソコンやスマホをよく使っている人は、画面の輝度を調節して、目に優しい輝度に落として使うことが大切です。

 

そしてブルーライト対策をすると視力予防になるので、ブルーライトをカットする機能のあるパソコン用メガネを利用すると良いでしょう。

 

スマホアプリを有効利用する方法もオススメで、アプリの中には目のケアが可能な物も存在します。

 

目のケアができる無料アプリは色々と用意されていて、視力検査や動体視力テストができる物があるので活用してみると良いですよ。

 

中には目のトレーニングができるスマホアプリもあるので、スマホを酷使している人にとっては最適の視力回復方法と言えます。

 

目の疲れをスマホで実感しているなら、アプリの中から自分に合った楽しくできる機能のある物を選んで、少しでも目が良くなるよう挑戦してみることですね。

 

また、食事では目に良いポリフェノールやビタミンA、βカロテン、DHAなどの成分が含まれた食材を意識的に摂るようにしましょう。

 

まとめ

 

パソコンやスマホを酷使している人がやるべき視力回複方法は、近距離の画面を長時間見続けていると眼精疲労になるので、まず目を休めることです。

 

日頃からまめに目を休めるようにした上で、目の血行を良くして毛様体筋を鍛えることができる目のトレーニングをしっかり行うようにすると良いです。

 

パソコン用メガネやスマホアプリを利用するのも効果的で、最近は目のケアができる無料アプリが続々と登場しています。

 

これらの方法で視力回復の対策を図りながら、ポリフェノールやDHAなどの目にいい食べ物を積極的に取り入れるようにしていきましょう。

 

合わせて読みたい記事

ストレスから目が悪くなる!?
加齢による視力低下
ブルーベリーで視力低下を防止